知るべき情報

柱の多い家の正面

賃貸住宅に住む場合に注意をしたいことは何でしょうか。 賃貸住宅は、自分の持家でないことにより様々な点で有利になる一方で、その逆に制限をされることもあるのです。 例えば、リフォームです。賃貸マンションやアパートをリフォームする場合は、建物が解体される時まで住み続けるのであればいいのですが、途中で引っ越しをする場合には、借主に現状回復義務があります。現状回復義務とは、「家を退去するときは借りた時の状態に戻してから出ていってね」というものです。もしも、現状回復をしなければ、賃貸契約時に預けた敷金から元に戻す修理の代金が引かれてしまいます。 もしリフォームをするのであれば、すぐに戻せる状態にしておくことが必要です。

賃貸住宅を借りる時の借主の一番の関心ごととはいったい何でしょうか。関心ごとのうちで一番重要なのはその家賃についてではないでしょうか。 家賃はできるだけ安いほうがいいですが、安いということはそれなりに何か理由があるのです。よく、テレビでやっている格安物件も必ず住宅自体が古いか、場所が悪いか何らかの理由があります。格安物件で得をするということがあるのは、格安になっている条件を気にしない人だけです。例えば駅まで徒歩10分違うと家賃は1万5千円から2万円ぐらいは違うと言いますが、駅までの距離は気にしないという人であれば格安物件でも構わないわけです。 このように、借主がその条件を気にしないと言うのであれば格安物件もありです。