不動産を手放す

線の多い家

リストラに会い、家のローンが払えなくなってしまった、お金が急に必要となり、ローンを滞納してしまった、ボーナスがカットされローンを払えなくなってしまったなどローンが払うことができない場合、債権者である銀行などの金融機関は競売にかけます。しかし、それを避けるために、競売にかかる前に債権者と仲介業者の不動産屋とで家の売却価格を決めて、売却することを任意売却と言います。最近のトレンドは、リーマンショク後の影響でローンを払えなくなる人も増え、競売にかけられる物件が増えています。それと同様に任意売却物件も増えています。また、それに伴い任意売却物件だけを扱う不動産屋やサイトなどもあり、任意売却関連の動きは活発になっています。

任意売却する方法と任意売却された物件を購入する方法があります。まず、購入する方法は、任意売却に詳しい仲介業者を利用することが重要です。気にいる物件があっても債権者と交渉が決裂して交渉ができないなどトラブルを避けるためにも専門知識を持つ実績のある業者を選ぶことが大切です。中には、任意売却物件だけを扱っている業者もあります。まず家を売る方法は、競売にかけられる前に任意で家を得ることが一番大事です。競売にかけられてしまってからでは、自由に家を売買することはできません。そのためにも、ローンを滞納して支払えない時は、債権者である銀行などと相談し、専門の任意で売買している業者に売る方向で話をすぐに行うことが大切です。